前へ
次へ

不動産購入における長期的な視点と資金計画

不動産を購入するときには、さまざまな事柄を同時に、そして細かく決めていく必要があります。
まずはどのような住まいを希望するかということを考えます。
家族構成などから検討します。
その際には今の年齢だけでなく、将来的なことも考えておく必要があります。
例えば子供が小さいときに購入する場合には子供の成長を見越した不動産の購入を考える必要があります。
同時に資金計画を立てる必要があります。
近年、不動産の購入の際にはローンを組むのが一般的となっていますが、実際に支払う金額はローンだけではありません。
マンションを購入する場合には毎月の管理費や修繕積立金、さらに駐車場などを使用する場合は、その使用料が発生します。
つまり、必要なお金すべてを考えることがポイントです。
ローンの返済についても考えます。
毎月の返済額をどのくらいにするのか、また、ボーナス返済を利用するがなどです。
返済方法により毎月の返済額が変わるので、しっかり考える必要があります。

Page Top